ビル

企業の数は年を追うごとに減少しています。
つまり今までオフィス用に貸し出されていた物件が空くようになったという事です。
それを賃貸オフィスとして利用するなら、不動産業者は選択する必要があります。
すなわち物件の賃貸料金を安くするかどうかです。
賃貸事務所の利用料金が安くなれば、入居を考える中小企業も現れる可能性があります。
つまり現在の企業が減少している傾向は、オフィスを安く借りるという意味でなら追い風だと言えるでしょう。
多くの企業がそれに注目すれば、移転が多く行われるようになるでしょう。
つまり賃貸事務所の料金が下がる事は、不動産業者にとっても新しい風を呼び込む意味があるので、一概に悪い面ばかりではありません。

環境にも注意する

しかし賃貸オフィスは安ければいいという事ではありません。
経営をしやすい場所である事も大切です。
例えば取引相手がいない場所にオフィスを構えても、利益を継続的に得る保証がありません。
新しい場所に移転する事は新規開拓の意味があります。
しかしそれによって収益が下がっては本末転倒です。
賃貸事務所の価格が下がれば移転する意味があると前述しましたが、それだけに目を奪われてはいけないという事です。
賃貸オフィスで要するのは固定費であり利益ではありません。
企業は黒字でなければ成長できないので、新しい賃貸オフィスに移転を考える時は、周囲の環境に注意する事が大切です。
例えばアクセス面が優れている場所なら、既存の顧客から多少離れていても経営活動に支障がないかもしれません。

価格が下落した事による利点

賃貸事務所の料金が下落しているのは、企業の数が現象傾向にあるからです。
それによって多くの企業が移転をするようになりました。
それは新しい顧客が現れる可能性も意味しています。
つまり自社が移転を考えなくても、向こうから客がやって来るかもしれないという事です。
そして賃貸オフィスの下降傾向は不動産業者にとって、悩みの種と考えられがちですが恩恵もあります。
それによって移転のハードルが下がったとも言えるのです。
賃貸事務所を変える事はきっかけがなければ起こりません。
もちろん経営者のやり方次第で移転を繰り返すケースもあります。
しかしそれは現在の賃貸オフィスの下落とは無縁の理由でしている事なので、ある意味では気にする必要がないと言えるでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    握手

    格安

    賃貸オフィスは、賃貸事務所より...

    Readmore
    案内する男性

    可能性が広がる

    不動産業者は物件価格の下落を前...

    Readmore
    説明する男性

    起業ブーム

    「起業ブーム」を背景に、独立開...

    Readmore